社内で行うSEO対策

自社内SEOとは?

自社内SEO対策とは、ユーザーにとって有益で最新の情報を届けられる価値あるサイトを目指す為に、自社内でスキルアップして、外注に頼らなくても社内で価値あるサイトを目指していく事です。

Googleのペンギン、パンダアップデートにより、2013年頃以降に多くの企業や、アフリエイターなどが、Googleペナルティなどを受け、検索上位から急激に順位を落とし、インターネットでの売上の激減や、ダメージを受けました。
これは、意味のない相互リンクや、ワードサラダ、粗悪なニュースサイト、時にはディレクトリー登録など、低品質な被リンクのみに頼ったSEO対策を主体に行って来たからです。

一部上場企業を始め、多くの企業サイトがGoogleペナルティを受けたと思われます。Googleペナルティという言葉も知らない運営者の方も結構いらっしゃるのではと思われます。 でも車を運転するのに、事故を起こしてから、法律を知らなかったでは済まされません。

これは、インターネットでホームページを持ち、Webサイトを運営してたら、いきなりインデックスから削除された、又はずーっとGoogleやyahooで上位にいたのに、急に表示されなくなったのは、自動または手動ペナルティを受けたからでルールを知らなかったという事です。

よく聞く話ですが、外注でSEO会社に頼んでたら急に圏外に飛ばされて、外注先に「どうなってるんだぁ~(怒)」と言っても後の祭りで、外注先が悪く、自社内のせいではないという書き込みも見受けられますが、それは、自分の大事な車(ホームページ)を、友達に貸してたら(外注に、SEO対策任せていたら)、駐車違反の切符が自分に来た(ペナルティを受けた)みたいなもので、いくら自分は真面目に悪いことはやっていないといっても実際、知らないで任せていた事にも非があります。

そういう事が無いように、Googleガイドラインを、Webサイト運営者、管理者の方は、まずよく読む事をお勧め致します。難しい言葉や聞いた事が無い言葉も沢山出てくると思いますが、深く理解できなくても最低限の事は、覚えて「本当の意味」を理解する様にしたいところです。
たまに、営業の電話が掛かってきますが、話してみるとSEO対策会社の営業マンの多くは、「本当の意味」を理解していない気がします。

これからは、外注やリスティング広告のみに頼らない自社内SEOの勉強をしてかないといけません。

弊社では、外部対策に頼らない【自社内SEO対策】を、自社内で「何をどうしたらよいのか?」を実際のECサイトの販売実績を元に「何をどうすると、この様に変化する」を自分達の目で確認しながら社内に、その実績を蓄積出来るようにするお手伝いを致します。

外注費を払い続ける事無く、自社内にノウハウを蓄積して、その結果、何倍、何十倍、何百倍にも売上げになっていくのを実感してみてください。